パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7スクリーンセーバーの設定

スクリーンセーバーとは、一定時間パソコン操作をしなかった時に画面に表示される画像やアニメーションに切り替える機能ことです。

Windows7には、最初からさまざまなスクリーンセーバーが搭載されています。また、個人で保存している画像からスクリーンセーバーを作成することも出来るし、Webサイトからダウンロードすることも出来ます。

スクリーンセーバーを変更する

スクリーンセーバーセーバーアイコン「個人設定」→ ダイアログ右下にスクリーンセーバーアイコンススクリーンセーバーをクリックすると設定画面が出てきます。

スクリーンセイバー設定

設定画面が表示されたら、スクリーンセーバーのボックス一覧から使用するスクリーンセーバーを選択して「OK」をクリックするだけで反映されます。また、表示内容を確認してから適用したい場合は、「プレビュー」機能を使い確認することも出来ます。「プレビュー」を終了したい時は、マウスを動かすかキーボードで任意のキーを押すことで元に戻ります。

スクリーンセイバー設定2

3Dテキストを選択した場合、「設定」から詳細設定も可能となります。また、一定時間パソコン操作をしなかった場合のスクリーンセーバーに切り替わる時間の設定もこのダイアログで可能です。

3Dテキスト挿入

スクリーンセーバーのインストール

Windows7にも幾つかのスクリーンセーバーが付属していますが、マイクロソフト以外のWebサイトからダウンロードすることが出来ます。

※スクリーンセーバーインストールの詳細は、提供元のヘルプを参照。

インストールしたスクリーンセーバーを削除

スクリーンセーバーを削除するには、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」から削除できます。 また、Windows7に付属しているスクリーン セーバーはアンインストールできません。

 

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。