パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7起動用アイコン登録・削除や設定 | タスクバーのカスタマイズ

Windows 7では、タスクバーも大きく進化した一つです。頻繁に使うファイルやプログラムの管理やアクセスがより簡単に出来るようになってます。

起動用アイコンをタスクバーに登録

実行中のソフトはタスクバーに表示され、さらに強調表示されています。頻繁に使うソフトは、タスクバーに置いておくと便利です。

実行中ソフトのアイコンを右クリックするとメニューが出てきます。「登録タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックすることで、起動用アイコンをタスクバーに登録することが出来ます。

タスクバーに登録

タスクバーの起動用アイコンの削除

タスクバーに登録されているアイコンは、最初から登録されてるものも、自分で登録したものも削除することが出来ます。

タスクバーの削除したいアイコンの上で右クリックする。メニュー「削除タスクバーにこのプログラムを表示しない」で、起動用アイコンをタスクバーから削除出来ます。

アイコンをタスクバーから削除

タスクバーの表示と非表示

デスクトップの下部にあるタスクバーは、表示させることも隠すことも出来ます。

タスクバーを隠すには、タスクバーの何も無いところを右クリック「プロパティ」→「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」を出します。

何も無いところを右クリック

タスクバーを自動的に隠すにチェックチェックを入れ「OK」をクリックします。これでタスクバーは表示されなくなります。

タスクバー自動で隠す

また、タスクバーが有った位置をマウスポイントすると再度タスクバーが表示され、マウスポイントを外すと表示されなくなります。

タスクバーの場所変更

タスクバーは、通常は下に有りますが、固定を解除した状態なら、上下左右好きな位置に移動することが可能です。

タスクバーの何も無いところで「タスクバーを固定する(L)」のチェックを外す。あとはタスクバーを持って行きたい場所へドラッグするだけです。

左側にタスクバーをドラッグした例です。

タスクバー左側ドラッグ

タスクバーの幅を変更する

タスクバーの何も無いところで「タスクバーを固定する(L)」のチェックを外すと、タスクバーの幅を変更することが出来ます。

タスクバー幅変更

タスクバーとデスクトップの境目にマウスポイントすると、矢印が出てくるのでそれをドラッグすることで幅の調整が出来ます。

タスクバー幅調整

上へドラッグして幅を広くした状態です。

タスクバー幅広

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。