パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7スタートメニューの新機能

Windows7では、スタートメニューの新機能として、ジャンプリスト、ライブラリ、検索、移動や削除された機能などが上げられます。スタートメニューに表示されるプログラムやファイルは、これまでのWindows以上に細かな制御が出来、自分好みにカスタマイズが出来るようになっています。

ジャンプリスト

ジャンプリストは、最近開いたファイルやフォルダー、Webサイトなどを使用したプログラムごとに整理して一覧表示するものです。また、お気に入りの項目をジャンプリストに固定表示することが出来るので、頻繁に使うプログラムやファイルへ素早くアクセスすることが出来ます。

Windows 7では、スタートメニューとタスクバー両方にジャンプリストが採用されています。スタートメニューとタスクバーに表示される項目は、同じものが表示されます。

スタートメニューは、「スタート」→ ジャンプリスト ボタン → ジャンプリストが表示されます。

タスクバーのジャンプリストは、実行中プログラムを右クリック → ジャンプリストが表示されます。

ジャンプリスト表示 ジャンプリスト表示

ライブラリ

ライブラリは、一見普通のフォルダーのように見えますが、フォルダーではなく、複数の場所に保存されているファイルを1ヶ所にまとめて表示する機能です。

Windows 7以前のバージョンでは、ファイルをフォルダーやサブフォルダーに整理することによりファイルを管理していましたが、Windows 7では、ライブラリを使うことにより、ファイル保存場所に関係なくファイルを種類別に整理したりアクセスしたり出来ます。

Windows 7には、最初から4つのライブラリ(ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック)が用意されています。ドキュメント、ミュージック、ピクチャのライブラリは、最初からスタートメニューに表示されています。また、スタートメニューの他の項目同様、ライブラリの追加や削除、アイコンの変更が可能です。

ライブラリ

検索ボックス

スタートメニュー下にある「検索ボックス」は、コンピューターに保存されているファイルやフォルダー、プログラム、電子メールなどを検索することが出来ます。

検索ボックスにキ-ワードを入れていくと、検索が実行され、検索ボックスの上側にプログラム、ドキュメント、ピクチャなどとグループ化されて検索結果が表示されます。

検索ボックス

グループの見出し「ドキュメント」をクリックすると、スタートメニューの検索結果として、別ウィンドウでプログラムやファイルなどが一覧表示されます。

これは、あくまでも例ですので、使っている環境によりプログラム、ファイル等の検索数は変わってきます。

ドキュメントライブラリ

電源ボタンとメニュー

Windows Vistaでは、スタートメニュー右下に表示される「三角ボタンジャンプリスト」→「メニュー」下の「シャットダウン」で終了させていました。

【Windows Vistaのシャットダウン】

Vistaシャットダウン

Windows 7では、スタートメニュー右下に表示される「シャットダウン」ボタンから、すべてのプログラムを終了出来るようになっています。

【Windows 7のシャットダウン】

Vistaシャットダウンメニュー

尚、Windows 7の三角ボタン ジャンプリスト をクリックすると表示される「メニュー」のログオフ、ロックなど操作は、「Windows 7の終了とログオフ」を参照してください。

Windows 7になって移動または削除された機能

Windows 7では、以前のWindowsにあったボタンの幾つかがスタートメニューから移動もしくは削除されています。必要な場合は、追加して戻すことも出来ます。

1)接続先ボタンの削除

Windows Vistaでは、使用可能なネットワークを一覧表示して接続先が選択できましたが、Windows 7では、「接続先」ボタンが削除されています。

Windows 7で使用可能なネットワークの一覧を表示するには、タスク バーの通知領域にある「ネットワーク」アイコン ネットワークアイコン をクリックし、「ネットワークと共有センターを開く」をクリックすることで表示されます。

ネットワークと共有センター

2)プリンターボタン

「プリンター」ボタンがWindows 7では、『デバイスとプリンター』ボタンになり、スタートメニューに表示されています。

「スタート」→メニュー右側の「デバイスとプリンター」クリックすることで、接続されてるすべての周辺機器が表示されます。

デバイスとプリンター

3)最近使った項目

スタートメニューにあった「最近使った項目」は、がWindows 7では削除されていますが、最近開いたファイルやプログラムは、「最近使っもの」としてジャンプリストで表示されます。また、「最近使った項目」が必要な場合は、スタートメニューに表示させることも出来ます。

4)ネットワークボタン

スタートメニューにあった「ネットワーク」ボタンも削除されています。必要な場合は、スタートメニューに表示させることも出来ます。

Windows 7の「ネットワーク」は、タスクバーの「エクスプローラー」エクスプローラー をクリックすることで、ナビゲーションウィンドウに表示され、「ネットワーク」ネットワーク で接続しているすべてのコンピューターが一覧出来ます。

ライブラリ

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。