パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7スタートメニューのカスタマイズ

 スタートメニュー 長く使うパソコンですから、自分が使いやすいようにカスタマイズしておくと便利です。

頻繁に使うソフトのメニュー登録と固定

Windowsにインストールされているソフトは、「すべてのプログラム」のメニューに登録されています。頻繁に使うソフトは、メニュー左上に固定登録することが出来ます。

「スタート」→「すべてのプログラム」を開き、自分が頻繁に使うアプリケーションソフトを選択します。選択出来たら、右クリック「スタートメニューに表示する(U)」をクリックします。

ステートメニューカスタマイズ

「スタートメニューに表示する(U)」をクリックすると、スタートメニューの左上の区切り線より上に固定表示されます。区切り線より下に表示されている項目は、使う頻度により入れ替わります。また、登録を削除したい場合は、「この一覧から削除する(F)」をクリックすることで削除されます。

スタートメニュー削除

メニュー項目の並べ替え

スタートメニューのすべてのプログラムに並んでいる項目は、初期状態では固定されていますが、設定変更することで移動が可能になります。

Windows 7以前のバージョンでは、ファイルをフォルダーやサブフォルダーに整理することによりファイルを管理していましたが、Windows 7では、ライブラリを使うことにより、ファイル保存場所に関係なくファイルを種類別に整理したりアクセスしたり出来ます。

スタート「スタート」右クリック →「プロパティ」をクリックします。

スタート項目並べ替え

[スタート]メニューの「カスタマイズ」をクリックします。

メニュー項目並べ替え

また、サブメニューの項目も自由に移動するこも可能となります。

サブメニュー並べ替え

スタートメニュー学習機能設定

Windows7では、学習機能により頻繁に使うソフトが表示されます。この学習機能は、無効にすることも出来るし項目数を変更することも出来ます。

「スタート」右クリック →「プロパティ」をクリックすると、”タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ”が出てきます。プラバシーの”最近開いたプログラムを[スタート]メニューに保存し表示する”のチェックBOXチェック外し「OK」をクリックすることで、学習機能が無効になります。

尚、一度無効にしてしまうと、再度有効にしても以前の状態には戻りません。

プロパティ

項目数を変更する場合は、”タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ”の「カスタマイズ」をクリックします。

ダイアログが表示されたら、”スタートメニューのサイズ”の「最近使ったプログラムの表示数(N)」で表示数の設定が可能です。

ダイアログ

最近使った項目の履歴機能の無効化と履歴数の変更

標準設定では、スタートメニューには「最近使った項目」が表示されるようになっています。この機能は無効にすることも履歴数を変更することも出来ます。

「スタート」右クリック →「プロパティ」をクリックすると、”タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ”が出てきます。プラバシーの”最近開いた項目を[スタート]メニューとタスクバーに保存し表示する”のチェックBOXチェック外し「OK」をクリックすることで、機能が無効になります。

プロパティ

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。