パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7キーボードショートカットキー一覧

キーボードショートカットキー ショートカットキーは大変数が多く、すべてを覚える必要は無いと思います。使用頻度多いものを覚えておくといいでしょう!

Windows7 良く使うキーボードショートカットキー

ここでは一般的に使われるであろうショートカットキーを紹介していきます。

デスクトップデスクトップ上での操作

Windowsロゴキーか『Ctrl』+『Esc』 スタートメニュー開く。(一度押すと開き、再度押すと閉じる)
Windowsロゴキー+『Tab』 タスクバー上のプログラムを切り替える。(Windowsフリップ3D)
Windowsロゴキー+『Pause』 システムのプロパティを開く。
Windowsロゴキー+『スペース』 表示中ウィンドウを一時的に透明にする。
Windowsロゴキー+『1~0の数字』 タスクバー上に置いたプログラムの起動(左が1)
Windowsロゴキー+『D』 開いているウィンドウを最小化する。
Windowsロゴキー+『E』 エクスプローラエクスプローラを開く。
Windowsロゴキー+『L』 デスクトップをロックする。(ログオン画面になります)
『F1』 Windowsヘルプとサポートを表示する。

ダイアログ関連

『Esc』 現在の操作を取り消す(キャンセル)

ファイルファイルとフォルダーウィンドウに対する操作

Windowsロゴキー+『Home』 アクティブウィンドウ以外を最小化する。
『Ctrl』+『A』 ウィンドウ内すべての項目を選択する。
『Ctrl』+『C』 ファイルや文章、画像をコピーする。
『Ctrl』+『V』 内容を貼り付ける。
『Ctrl』+『W』 現在のウィンドウを閉じる。
『Ctrl』+『Y』 取り消した操作をやり直す。
『Ctrl』+『Z』 直前の操作を取り消して元の戻す。

現在ウィンドウ現在ウィンドウの操作

Windowsロゴキー+『↓』 現在のウィンドウを最小化、最大化ウィンドウ元に戻る。
Windowsロゴキー+『← →』 現在のウィンドウを画面半分サイズに拡大する。
『Alt』+『Enter』 選択ファイルなどのプロパティ表示する。
『Alt』+『スペース』 現在ウィンドウのアプリケーションメニューを表示する。
『Esc』 さまざまな操作のキャンセル。

以外と便利なショートカットキー操作

文章作成中に間違って必要な文章を削除してしまった?とか、フォルダー内のファイルを削除してしまったなど、何かの操作を間違えてしまった場合、「元に戻す」を使って見る。

Windows7搭載ソフト以外でも有効な機能なので、駄目もとで一度やってみるのもいいと思います。但し、上書き保存してない状態のものに限ります。

操作を間違ってしまったら「Ctrl」+「Z」で、かなりの高確率で元に戻すことが出来ます。また、マウス操作ではフォルダーを開くと上側に「編集」という項目が有ります。ここをマウスポイントすると一番上に「元に戻す」項目が出てくるので、ここをクリックしても同じです。

元に戻す-名前変更

さらに「編集」をクリックすると、メニューにショートカットキーが出てくるので、これを参考にするのもいいでしょう。

元の戻す-名前の変更ショートカットキー

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。