パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

ショートカットキー操作

ショートカットキーは、WindowsロゴキーやAltなどのキーを押しながら文字キーを押すことでマウスと同じ操作が出来ます。

スタートメニュー、ショートカットキーを使って操作する

通常はマウスを使うのであまり必要ではないかもしれませんが、トラブルに際には役に立つ操作だと思います。

キーボードのWindowsロゴキースタートか、「Ctrl」+「Esc」を1回押すとスタートメニュー表示され、もう一度キーを押すとスタートメニューが消えます。

また、スタートメニューが表示している時に、→キーで選択して「Enter」を押すことでマウス操作と同じ操作が出来ます。

「Windowsロゴキー」→「上下キー」で移動し選択 →「Enter」

ショートカットキー操作1

「右矢印キー」→「上下矢印ー」で選択 →「Enter」

ショートカットキー操作2

ウィンドウを一時的に透明化する

デスクトップ上にあるウィンドウを一時的に透明化することが出来ます。その際にはガジェットやデスクトップに置いてあるショートカットは透明化されないので、ガジェットやショートカットアイコンをちょっと確認したい時には便利な機能です。

ショートカットキー操作3

ウィンドウ内の文章をすべて選択

「Ctrl」+「A」を押すことで、現在のウィンドウ内のすべての文章を選択出来ます。

ショートカットキー操作4

また、フォルダー内の画像も「Ctrl」+「A」を押すことで、「すべて選択」した状態になります。

ショートカットキー操作5

ショートカットキーでのコピーとぺースト(貼り付け)

コピー&ぺーストはマウスを使ったやり方が一般的ですが、長い文章や沢山のファイルなどはマウスよりショートカットキーを使った方が便利です。

「Ctrl」+「C」でコピー、「Ctrl」+「V」でぺースト(貼り付け)となります。

また、部分的に切り取りたい場合は「Ctrl」+「X」でその部分だけ切り取ることが出来ます。

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。