パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7言語バーの概要とタスクバーの設定

言語バーとは、入力言語、キーボードレイアウト、手書き認識、音声認識、入力方式エディター (IME) などのテキストサービスを追加する際に表示される日本語入力のツールバーのことです。

言語バーは、入力言語やキーボードレイアウトをデスクトップで簡単に変更できます。

入力言語

言語バーをタスクバーに移動

日本語入力のツールバー(言語バー)は、最小化してタスクバーに入れることが出来ます。

「言語バー」→ をクリックすると「最小化」してタスクバーに入ります。

最小化 

また、「言語バー」右上の 言語バーを元に戻す をクリックすることで、タスクバーが元の状態に戻ります。 

言語バー

タスクバーに入った状態です。画面がすっきりします。  

タスクバーに入った状態 

タスクバーの移動や非表示 

タスクバーは画面上を移動させたり、非表示にしたりすることも出来ます。 

タスクバーを移動するには、タスクバーの赤枠部分をマウスポイントしたまま上下左右にドラッグして移動します。

タスクバーを移動する 

言語バーを縦表示するには

言語バーの部分を右クリックしてメニューを出し、「縦置き(V)」をクリックしてチェックを入れます。

縦置きにチェック 

このようにタスクバーが縦になり、画面左右に付けることも出来ます。

縦タスクバー 

タスクバーに入れた言語バーを非表示にする

言語バーを右クリック「設定」で、「テキストサービスと入力言語」のダイアログを出します。

言語バーを非表示 

「言語バー」をクリックし、次のダイアログを出します。「表示しない(H)」にチェックを入れ「OK」をクリックすることで、言語バーは表示されなくなります。

言語バーは閉じても、完全に削除された訳では無く、テキストサービス残っています。

表示しない 

タスクバーに言語バーを表示する

タスクバーの言語バーがなんらかで消えてしまったとか?一度非表示にしたが、もう一度表示させたい場合は・・

スタート「スタート」→コントロールパネル「コントロールパネル」→「キーボードまたは入力方法の変更」をクリックします。

コントロールパネル

地域と言語のダイアログが出てくるので、「キーボードの変更(C)」をクリックします。

地域と言語のダイアログ

テキストサービスと入力言語のダイアログが出てくるので、上メニュー「言語バー」をクリックして、「タスクバーに固定する(D)」にチェック入れて「OK」をクリックすることで、タスクバーに言語バーが表示されるようになります。

タスクバーに固定する

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。