パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7タスクバーの通知領域

通知領域にはプログラムへのショートカットや状態に関する情報が含まれていて、既定であればタスクバーの右端に通知領域があります。また、新しいプログラムをインストールした時は、そのプログラムのアイコンを通知領域に追加できる場合もあります。

通知領域アイコンの設定

通知領域のアイコンを設定するには、タスクバー右端の通知領域(時間、日付の所)を右クリックします。

メニューが出てくるので、「通知アイコンのカスタマイズ(C)」をクリックします。

通知アイコンのカスタマイズ

タスクバーに表示するアイコンの通知選択画面が出てきます。設定する場合は、チェックチェックボックスを外します。

チェックを外す

各アイコンは、チェックを外すことで、「通知のみを表示」「アイコンと通知を表示」「アイコンと通知を非表示」の選択が出来るようになり、チェックチェックボックスを入れることで反映されます。

チェックを入れる

Windowsに標準で組み込まれているシステムアイコンのオンとオフ

システムアイコンのオン/オフをクリックすると、Windowsに標準搭載されている機能アイコンの設定が出来ます。これは、タスクバーに最初から表示されているアイコンを表示させるか?なせないか?の設定です。

システムアイコンのオン/オフ

システムアイコンのオン/オフをクリックし、「動作」の所の「オン/オフ」操作でシステムアイコンも表示非表示の設定が可能です。

表示非表示の設定

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。