パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7起動用アイコン作成とアイコン整列

頻繁に使うアプリケーションソフトは、起動用アイコンを作成して簡単に起動出来るようしとくと便利です。また、アイコンの位置が不揃いになった場合は、簡単な整列方法で整理しとくいいでしょう。

起動用アイコンの作成

「スタート」→「すべてのプログラム」をクリックし、デスクトップにアイコンを置きたいソフトを選択します。そのソフトを右クリック、表示メニューから「送る」→「デスクトップ(ショートカット作成)」をクリックすると、デスクトップ上に起動用アイコンが作成されます。

起動用アイコン作成

例として、ゲームフリーセルフリーセルの起動用アイコン、ショートカットアイコンが作成しました。アイコンダブルクリックで起動します。

ショートカットアイコン作成

デスクトップアイコンの整列

Windowsをしばらく使用していると、アイコン位置がずれることがあります。そういっ場合、ちょっとした簡単な設定で常にアイコンが揃った状態で使えます。

デスクトップの何も無いところで右クリック「表示」→「アイコンを等間隔に整列」にチェックを入れれば、アイコンは等間隔に整列します。

アイコンを等間隔に整列

「アイコンの自動整列」にチェックを入れると、デスクトップの左上側から整列して並ぶようになります。

アイコンの自動整列

「アイコンを等間隔に整列」のチェックを外すと、等間隔の規制が無くなり、任意の位置に配置出来るようになります。

アイコンを等間隔に整列

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。