パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows7デスクトップアイコンの表示と非表示

アイコンとは?フォルダーやファイル、プログラムなどの項目を示す小さな画像のことです。最初からデスクトップに置いてあるゴミ箱ゴミ箱やタスクバーにあるメディアプレーヤーメディアプレーヤーなどの小さな画像がアイコンです。

アイコンの表示と非表示

デスクトップ上にアイコンを置いて素早くアクセス出来るだけでなく、すべて表示、すべて非表示、サイズ変更することが出来ます。

デスクトップの何も無いところで右クリック、メニュー一番上の「表示」にマウスポイントマウスポイントします。サブメニューの「デスクトップアイコンの表示」にチェックマーク入っていれば、すべてのアイコンが表示状態になります。また、「デスクトップアイコンの表示」をクリックしてチェックマークを外せば、すべてのアイコンが非表示になります。

アイコン表示非表示

個々のアイコンの表示と非表示

Windows7のデスクトップには、ごみ箱アイコンだけが最初から配置されています。この他に、コンピューターやユーザーファイルといったアイコンも用意されていて、そういったアイコンも個々に表示、非表示することが出来ます。

デスクトップの何も無いところで右クリック「個人設定」→「デスクトップアイコンの変更」をクリックします。↓

追加と非表示

表示したいアイコンを選択、チェックチェック入れを入れ「適用」クリックすればデスクトップに追加したアイコンが表示されます。また、チェックチェックを外せば非表示にすることが出来ます。

適用と非表示

デスクトップアイコンのサイズ変更

デスクトップの何も無いところで右クリック、メニュー一番上の「表示」にマウスポイントします。サブメニューの「大アイコン(R)」「中アイコン(M)」「小アイコン(N)」でサイズ変更します。

サイズカスタム

また、デスクトップの何も無いところで一度クリック、「Ctrl」を押しながらマウスでスクロールすることで、任意のサイズに変更することも出来ます。

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。