パソコン初めて10年~パソコン体験記  
TOP | サイトマップ

Windows 7アプリケーションの基本操作

Windows7には、さまざまなアプリケーションソフトが最初から搭載されています。ここではアプリケーションソフトの起動や終了といった基本的な操作の解説をします。

アプリケーションソフトの起動

Windows7(OS)にインストールされているソフトや自分があとからインストールしたソフトは、すべてスタートメニューの「すべてのプログラム」に登録されています。

また、使う頻度の高いアプリケーションソフトは、「スタート」をクリックしたと時に表示されます。クリックすることでアプリケーションソフトは起動します。

アプリケーションソフトの起動

「すべてのプログラム」をクリック、フォルダー型のサブメニューアイコン サブメニューアイコン の中にもいろいろなアプリケーションが存在します。こちらもクリックすることでソフトが立ち上がります。

また、デスクトップやタスクバーにもアプリケーションソフト起動用のアイコンを置くことも可能です。

いろいろなアプリケーション

アプリケーションソフトの終了

また、ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックすることで、フリーサイズの場合は最大化、最大化の場合はフリーサイズになります。

ウィンドウの移動操作

Windows7に搭載しているアプリケーションソフトには、タイトルバー下のメニューから終了するものと × ボタンで終了する物があります。

アプリケーションソフトに終了メニューがあるソフトはメニューから終了するのが基本です。

アプリケーションソフト終了1

アプリケーションソフト終了2 

アプリケーションソフトに終了メニューが無いものは、× ボタン(ウィンドウを閉じる)から終了することになります。

アプリケーションソフト終了3

 Windows 7 DSP版はまだ手に入る!

従来のWindows DSP版はパーツ(ハンドル)とセット販売でしたが、今では、Windows 7 DSP版Windows 8 DSP版同様に単体購入が可能となってます。

DSP版の注意点

DSP版はパッケージ版と違い、どのパソコンにもインストール出来るわけではありません。最初にOSがインストールされたハードウェアにライセンス(1ライセンス)が与えられます。また、パーツを入れ替えた場合、再度認証(電話認証も含む)が必要になる場合があります。

DSP版のサポート

販売店やマイクロソフトのサポートは一切ありません。