パソコン初めて10年~パソコン体験記
Windowsを安全に使い続けるためには、定期的なバックアップが必要です! 大切なデータを失わないためにも覚えておきたい機能だと思います。ここでは、Windows7のさまざまな管理機能の中のバックアップについて、自分の体験談を元に画像付でなるべくわかりやすく説明していきます。
トップページ サイトマップ

Windows 7 バックアップ

Windows 7 システム管理機能

  • 格段に使いやすく高性能になったWindows7バックアップ機能!
  • データやシステムが破損する前に、定期的にバックアップとっておこう!
  • 格段にパックアップ時間が短縮されているし、保存先を選べば、自動でバックアップが行われ、Windows Vistaに比べると、かなり簡素化されています。
  • 「DVD-R」にも保存出来ますが、データが増えてくると枚数が増えるので、バックアップ先を、「USB」や「eSATA」接続の外付け「HDD」が便利だと思います。

「アクションセンター」から起動・・

  • アクションセンターからの起動が分かりやすいと思います。
  • アクションセンター 旗マ-クみたいなのをクリックし、「アクションセンタ-」を開くをクリック
  • アクションセンターが開く
  • アクションセンターが開く
  • 「バックアップと修復」をクリック
  • バックアップ場所を選択
  • バックアップ場所を選択
  • 「次へ」・・
  • 自分がバックアップしたい物を選択可能です。
  • バックアップ選択
  • 「自動的に選択」を選んだ場合、ライブラリ内、デスクトップ上、Windows」フォルダー内に保存されたデータ ファイルがバックアップされます。
  • 「自分で選択」を選んだ場合、このような画面がでてきます。
  • 自分で選択
  • バックアップしたい物を選択して「次へ」・・
  • 設定を保存し終了
  • 「設定を保存し終了します。」をクリック、バックアップへ・・・
Copyright (c) 2005-2016 パソコン初めて10年~パソコン体験記 All rights reserved.