スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

システム修復ディスク

Windowsには、システムトラブルが発生した場合に便利な『システム修復ディスク』という初期状態に戻すトラブル対処ツールがあります。

パソコンを起動出来ないほどの危機的状況に陥った場合、『システム修復ディスク』を作成しとくことにより「スタートアップ修復」や「セーフモード」などの機能を使うことが出来るようになります。

Windows 7のシステム修復ディスク作成

最近のWindowsインストール済み市販パソコンでは「リカバリーディスク」が付属していないので、あらかじめ『システム修復ディスク』を作成しとく事をオススメします。

「スタート」→「メンテナンス」→「システム修復ディスクの作成」を選択します。

システム修復ディスク作成

システム修復ディスクを作成するには、CD/DVD/BDドライブに未使用のCD-Rを入れ、表示したメニューの『ディスク作成』をクリックするだけで作成できます。

ディスク作成

ディスクの作成中画面

システム修復ディスク作成中画面

作成したシステム修復ディスクを使う場合は、CD/DVD/BDドライブにディスクをセットしてパソコンを起動します。

「システム回復オプション」→「次へ」→「ユーザー名・パスワード」を入れ「OK」をクリックすると、回復ツールの選択メニューから「スタートアップ修復」、「システムの復元」などの各ツールを使いシステムの復旧が行えます。

システム回復オプション

Index