スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

Windows 7バックアップ

Windowsを安全に使い続けるために定期的なバックアップが必要です。

大切なデータを失わないためにも、Windows7の管理機能である「バックアップ」を覚えておくと便利です。

格段に使いやすく高性能になったバックアップ機能

パックアップ時間の短縮や、保存先を選べば自動でバックアップが行われるなど、旧OSに比べるとかなり簡素化されています。

「スタート」→「システムとセキュリティ」→『バックアップと復元』を選択します。

バックアップと復元

もしくは、タスクバーにある「アクションセンター」→『バックアップと復元』を選択します。

アクションセンターからバックアップと復元

バックアップ場所を選択し「次へ」

バックアップ場所を選択

「自動選択(推奨)」か「自分で選択する」のどちらかを選びます。

自動選択

「自動選択(推奨)」を選んだ場合、ライブラリ内、デスクトップ上、Windowsフォルダー内に保存されたデータ・ファイルなどがバックアップされます。

「自分で選択する」を選んだ場合は以下のような画面が出てくるので、バックアップしたい物を選択して「次へ」

自分で選択する

「設定を保存して終了」をクリックします。

設定を保存し終了します

Windows 7バックアップ開始

設定が終わったら「今すぐバックアップ」をクリックすることで、Windows 7の「バックアップ」が開始されます。

今すぐバックアップ

「バックアップ」が始まります。

バックアップ開始

『Windowsバックアップは正常に終了しました』という画面が出て「閉じる」ボタンをクリックして終わりです。

Windowsバックアップは正常に終了しました

※バックアップ終了後は「システム修復ディスク」も作っておくと便利です。

Index