スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

Windowsスタートアップ修復

Windowsでシステムトラブルが発生した場合「スタートアップ修復」というツールを使い問題を解決することが出来ます。

Windowsがまったく起動しなくなってしまった時に『スタートアップ修復』ツールを使うことにより破損ファイルを修復することが出来ます。

スタートアップ修復ツール

例)Windows 7

パソコンを起動したら『F8』キーを押して起動メニューを表示させます。一番上の「コンピューターの修復」を選択します。

※ マウスが使えないのでキーボードの上下左右の矢印キーで項目を選択します。

コンピューターの修復

しばらくすると下画面が出てくるので通常はこのまま「次へ」をクリックします。

通常はこのまま

『ユーザー名』と『パスワード』を求められます。通常はコンユーター管理者名とパスワード入れ「OK」をクリックします。

管理者名とパスワード

「システム回復オプション」が表示され『スタートアップ修復』を選択クリックします。

また、システム回復オプションの下の「システムの復元(Windows復元ポイント参照)」という項目をクリックすると、以前の修復ポイントに戻すことも出来ます。(※予め復元ポイントを作成していなければ復元ポイントに戻すことは出来ません。)

スタートアップ修復の選択

自動診断が始まります。・・しばらく待ちましょう。

自動診断

しばらくすると診断結果がでます。この場合は「スタートアップ修復は問題を検出できませんでした」と出ているのでシステムに問題が無いことを表します。

また、システムの問題が有る場合はここで修復が行われます。左下の「診断と修復の詳細の表示」をクリックすることで診断修復内容を確認することが出来ます。

「完了」をクリックするとシステム回復オプションが出てきて再起動を求められるので、再起動し通常通りWindows7が立ち上がります。

スタートアップ修復は問題を検出できませんでした

Index