スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

Windowsセーフモード

Windowsで基本的なシステムトラブルが発生した場合「セーフモード」というトラブル対処機能を使い問題を解決することが出来ます。

セーフモードはWindowsの基本機能だけを起動させるためのトラブル対処機能なので、Windowsが深刻な問題で通常起動出来ない時でもセーフモードなら起動出来る可能性があります。

セーフモードで起動する

例)Windows 7

パソコンの電源を入れ「F8」キーを押しっぱなしにすると「詳細ブートオプション」が出てきます。

セーフモード

この画面で「セーフモード」、「セーフモードとネットワーク」を選択すると、Windows7を基本機能だけで起動することが出来ます。

また、トラブルになった場合はネットワークに問題を抱えている場合もあるので「セーフモードとネットワーク」では無く『セーフモード』で起動するといいでしょう。

尚、「詳細ブートオプション」はマウスが使えないので、上下左右の矢印キーでの項目選択になり、「Enter」をクリックすると処理が始まります。

セーフモード開始

セーフモードで起動すると通常の状態とは違いアイコンや文字が大きく表示されます。

セーフモードで起動出来、問題が解決された場合は再起動することでWindowsは元の状態に戻ります。

セーフモードで表示

※問題解決に至らない場合は、再起動前に重要なデータはバックアップを取っておきましょう。

Index