スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

pingコマンドの使い方

ネットワークトラブルは目に見えないので、原因を特定するのは難しいものですが、トラブル見舞われた場合何かしらの方法で解決しなければなりません。

ネットワーク管理者が切り分けの時に良く使う代表的なコマンド『ping』を紹介します。

『ping』は「ICMP」とういうプロトコルで定められていて、「エコー要求」と「エコー応答」により、接続や通信の遅延が調べられるコマンドです。

管理者権限でコマンドプロンプト起動

pingコマンドは、『送信元のPC』から『宛先のPCやNAS』へ「エコー要求」と呼ぶパケット送り、受け取った機器が送信元に「エコー応答」を繰り返しやり取りすることで、通信経路が正常化否かを調べられるコマンドです。

つまり『ping』は、トラブルの原因がネットワークにあるのか?システムやアプリケーションにあるのか?切り分けできるコマンドなんです。

pingの使い方

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」、右クリックで「管理者として実行」

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトを開き、【 ping(スペース)IPアドレスもしくはドメイン名 】を入力します。

pingコマンドひとつで「エコー要求」を4つ送信でき、コマンドの後ろにオプションを付けることで任意の個数を送信することも出来ます。

例)ping(スペース)IPアドレスもしくはドメイン名(スペース)-n(スペース)個数

終了する場合は、キーボードで「Ctrl」+「c」を押します。

pingコマンドの結果により、接続できているか?遅延がどの程度あるか?どのルーターを経由したかがわかります。

また、IPアドレスのPCのネットワーク機能に問題がある場合や、IPアドレスのPCが存在しない場合などは「エコー応答」が戻ってきません。その場合は、『要求がタイムアウトしました』と表示されます。

※IPアドレス確認するには、コマンドプロンプトで『ipconfig』と入力します。

Index