スポンサーリンク

OSシステム設定

フリーソフト

サイト運営者情報

Windows復元ポイントを手動作成

Windowsの復元ポイントは、アップデートやデバイスドライバー更新など、システム構成が大きく変わる前に自動で作成されます。これにより、変更した後に不具合が発生しても、直前の復元ポイントを指定して元のシステム構成に戻すことが出来ます。

また、自分でシステムを変更したり、レジストリ操作などをした場合は自動作成されないこともあります。そういった時は手動で復元ポイント作成しておくといいでしょう。

手動復元ポイント作成手順

例)Windows 7

「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」をクリックします。

システムの保護

「システムのプロパティ」が開くので、右下の「作成」ボタンをクリックします。

システムのプロパティ

「システムの保護」の『復元ポイントの作成』に適当な名前を付けます。

復元ポイントの作成

「復元ポイントを作成してます」画面が出てくるので、しばらく待ちましょう。

復元ポイントを作成してます

数分で「復元ポイントは作成されました。」画面が出てくるので「閉じる」ボタンをクリックします。これで、復元ポイントが作成されています。

復元ポイントは作成されました

手動で作成された「復元ポイント」は、自動作成されたものと区別して表示されます。

手動復元ポイント

Index